2009年05月07日

2010年は13チーム体制で、SUPER AGRI復活!?

亜久里氏、再挑戦に意欲というサンスポのニュースで、スーパー・アグリの復活がほのめかされていましたね。
FIAは来季、3つの新チームを加え、計13チームとする計画を公表。機材の輸送費を軽減するなど個人チームの参戦を促し、すでに4団体が関心を示している。来季参戦申請の締め切りは29日。検討の時間は残されている。
亜久里氏、再挑戦に意欲/F1 - スポーツ - SANSPO.COM

まぁ、チーム数は13チーム26台になれば、全文を表示»
posted by F1GP at 19:38 | F1こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

バーレーンを制したのはバトン、トヨタに優勝の力なし

F1第4戦バーレーンGPは、車の良さとドライバーの技術、そしてジェシカの応援と、総合力全てで他を圧倒するバトンが4番グリッドからのスタートながら優勝しました。2位に、中国GP優勝のベッテル。

フロントロー独占のトヨタは、ヤルノが3位でグロックが7位という結果。フロントロー独占から、こんなしょぼい結果しか残せないようでは、チーム戦略や技術に基本的に足りない部分があるって証拠です。これでは、当分トヨタが優勝することはなさそうですね。

全文を表示»バーレーンGP決勝結果
posted by F1GP at 23:12 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重量を軽くしてポールととる作戦だが果たして


トヨタの予選終了後の重量計測では、出走20台中もっとも軽い643.0kg(グロック)と648.5(ヤルノ)という結果が出ています。
グロックをなんとしてもヤルノの後ろにつけて後続をブロックしている間に、ヤルノが逃げるという作戦は、スタートをうまく決められるかどうかにかかっていますね。
3位以下に並んだつわもの揃いの連中は、そうやすやすと第1コーナーを取らせてくれはしないだろうと思います。ここは一発、最高の集中力でスタートダッシュを決めないと、せっかく軽くした意味がなくなっちゃいますから、頑張れ!トヨタ!
全文を表示»サヒール - 予選終了後のマシン重量(単位:kg)
posted by F1GP at 08:51 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

トヨタがフロントロー独占!初優勝に向けて

トヨタがやってくれました!
25日(土)日本時間20時(現地時間14時)から、バーレーン・サヒールのバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた2009年F1世界選手権第4戦バーレーンGP公式予選では、トヨタが2台そろって決勝のフロントローに並び、ついに初優勝という夢の扉の鍵を手に入れることに。

全文を表示»バーレーンGP予選結果
posted by F1GP at 22:03 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイヤに優しいボディワークがアダになるフェラーリ

タイヤに優しいボディワークをもつフェラーリにとって、予選突破が危ぶまれる話がブリジストンの浜島裕英MSタイヤ開発本部長から出ています。

フェラーリはロングランは悪くないんだけど、1発のタイムが出ないですね。ひょっとするとQ1で落ちるかも。マッサはFP-1でタイヤをロックさせて、(トレッドの下の)ベルトを出しちゃいましたから。180gも削って、(ホイールに)バラストを入れてもウェイトが足りないくらい削っちゃいました
F1キンダーガーテン : タイヤから見るバーレーンGP「フェラーリ、ピンチ!」

しかし逆に、フリー走行で上位のパフォーマンスを見せているウィリアムズは、タイヤに厳しいので予選で速くても決勝のロングランでは辛いだろうとのこと。

全文を表示»バーレーンGP金曜フリー走行2結果
posted by F1GP at 18:30 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

佐藤琢磨がルノーのシートに座る可能性

スペインの『AS』紙によると、ルノー・チームは不振のネルソン・ピケに代えて、佐藤琢磨をドライバー候補に挙げているとしている。 2009年開幕から3戦、すべての予選でQ1敗退するなど、まったく光るところがないピケ。一方チームメイトのフェルナンド・アロンソは、R29のポテンシャルを引き出した活躍が目立っている。
全文を表示»もうひとりの候補
posted by F1GP at 17:54 | F1こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の中国グランプリ決勝

中国グランプリは予想されていたとおり雨のグランプリで、決勝は過去にも似た状況で優勝したことがあるセバスチャン・ベッテル(レッド・ブル)が抜群のパフォーマンスをみせて優勝を飾りました。レッド・ブルは、マーク・ウェーバーが2位にはいり、ワン・ツー・フィニッシュです。

※セバスチャン・ベッテルの初優勝は、2008年のイタリアGPでF1史上最年少優勝。マシンは、トロ・ロッソ。

全文を表示»中国GP決勝結果
タグ:中国 決勝
posted by F1GP at 17:38 | 第3戦中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

フェラーリ2009 SF グラフィックCAP

formula1.comからのメールでフェラーリの2009年キャップが、13.99ユーロで紹介されてたので、おっと、こりゃけっこう安いジャンと思って調べてみたら、さすがに日本ではそういうわけにはいきませんで、税込み4200円なのでありました。^^;

楽天もアマゾンも価格は同じみたいだけど、送料がちょっと違いますね。ちょっとだけ。

全文を表示»カラー:商品画像の詳細
posted by F1GP at 16:11 | F1のグッズ通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

道端に溢れる雨もジェシカの笑顔がバトン優勝を祝福

F1 (エフワン) 速報 2009年 4/23号 [雑誌]

F1マレーシアGP決勝は、中盤からの豪雨でサーキットは洪水状態となり、赤旗中断からレース中止が決定され、ペースカー導入時点(31周目)での並びで順位が決定されました。ブラウンGPのバトンは、開幕2連勝。
表彰式での最高の笑顔の先には、チームスタッフの真ん中には、ひときわ目立つ道端ジェシカさんが手を振る姿が。

雨のバトン、雨のバリチェロ。雨のスペシャリスト二人が同じチームにいて、バトンは優勝。バリチェロは、タイミングの不運で5位となったけれども、二人とも走りは安定していて、「車が良ければ好きなようにレースを組み立てられる」ってことを実感したグランプリでした。

全文を表示»マレーシアGP決勝結果
posted by F1GP at 20:07 | 第2戦マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

余裕のバトンが2戦連続ポール獲得:2番3番グリッドにはトヨタ

オーストラリアで優勝しながら「まだまだ余裕がある」と語っていたブラウンGPのジェイソン・バトンが、その言葉どおりに第2戦のマレーシアでも予選トップでポールポジションを獲得。2番手、3番手にトヨタの2台がつけたのは、開幕戦での鬱憤を晴らそうとの気迫の表れか?

全文を表示»マレーシアGP予選結果
posted by F1GP at 21:34 | 第2戦マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。