2010年02月14日

ロータスといえばJPS(ジョン・プレイヤーズ・スペシャル)



ロータスといえばブラックボディに金で染め抜かれたJPSのロゴがかっこよく光るF1カーを懐かしく思い出しますが、タバコの広告が禁止された現在ではそりゃ無理なんで、

2010年復活のロータスF1は、ブリティッシュグリーンに黄色いラインが入ったロータスカラーを採用し、サイドポンツーンには「Tune Group」のでっかいロゴというデザイン。

1972年-78年,81年-86年のフォーミュラ1において、チーム・ロータスのスポンサーとして活動。全身を漆黒と金のラインに彩られた車体は特に印象深く、代表的なカラーリングに挙げられる。一時期はマシン名にもJPS専用名があった。
参照元:JPS (タバコ) - Wikipedia

マレーシアに拠点を置き、『AirAsia(エアアジア)』を所有する『Tune group(チューン・グループ)』の創設者でありCEOを務めるトニー・フェルナンデスがチームを率いる。テクニカルディレクターには20年以上もF1で活躍し続ける経験豊富なマイク・ガスコインが就任。ガスコインはこれまでジョーダン、ルノー、トヨタ、フォース・インディアにかかわってきた。
参照元:Lotus - ESPN F1 - ロータス


Welcome to AirAsia.com, The World's Best Low-Cost Airline
タグ:ロータス
posted by F1GP at 09:40 | プレシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。