2009年07月28日

アロンソがマッサの代役でフェラーリに

レギュレーション問題に端を発したF1の混沌は、いったいいつまで続くのでしょうか。
グランプリの結果なんて、もう、どうでも良くなってしまったmite536は、アロンソが「誰かの事故をきっかけに」フェラーリに乗るなんてことは絶対してほしくないと願うのであります。

アロンソ、ヴァレンシアでマッサの代役に? : F1通信
フェラーリは、26日の予選中に頭部を負傷してブダペストで入院中のマッサの交代ドライバーを探している。
アロンソは2010年以降フェラーリに移籍すると以前から噂されているが、ハンガリーGP中のアクシデントによりルノーが1戦出走停止処分を受けたため、2度目の地元レースに突然参戦できなくなった。
同紙は、ルノー(裁定に控訴する予定)はペナルティを受けることにより、アロンソとの契約における「基本的責任」、すなわち2009年すべてのグランプリでアロンソにシートを提供するという条項に違反したと主張している。

悲しいかな、ルノーはアロンソから「契約違反」を突きつけられることになり、


しかし、いかにカーボンファイバーの素材で出来ているとはいえ、時速300キロで飛んでくるコイルスプリングに直撃されて命があったことは奇跡に近いですね。

一方で、ドイツのヘルメットメーカーであるシューベルト社の先進技術が、それだけすごい!ってことかもしれません。(日本では、アライのヘルメットが最高峰ですが、うかうかしてられませんネ)

まぁ、なんにしてもマッサは当分復帰できないので、フェラーリは代役を探してて、シューマッハのマネージャー、ウィリ・ウェバーが面倒を見ているニコ・ヒュルケンベルグ、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ボーデ、ネルソン・ピケの名前があがっているそうです。

もちろん、シューマッハの復帰や、フェラーリのテストドライバー二人も候補のうちです。

フェラーリとしては車のパフォーマンスが、やっとブラウンGPやレッドブルを凌駕できるところまであがってきた矢先の事故ですから、ここでまた失速するようなことはしたくないはず。

だとしたら、やはり「実績重視」でシューマッハまたはアロンソでしょうかねぇ。。。
個人的には、アロンソは、ちゃんとしたタイミングでフェラーリに乗ってほしいですけどね。d^^;
posted by F1GP at 09:18 | F1こぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。