2009年06月21日

一番軽い中嶋一貴は一番にピットインだが

F1第8戦イギリスグランプリの予選終了後の重量は、中嶋一貴が最も軽い652.5kgなので、一番最初にピットインすることになりそうです。
(スタートがうまくいって、順調に周回を重ねればの話ですが。)

レギュレーションではドライバーを含めたマシン最低重量は605kgと規定されており、これには燃料搭載量は含まれていない。どのチームも規定よりもかなり軽いマシンを製作し、最低重量に達するためにバラストを搭載している状況だ。そのため、FIAが発表したマシン重量から605kgを引いた数字が、ほぼそのマシンが搭載している燃料搭載量を示す。(F1 : イギリスGP予選後のマシン重量 - Silverstone - F1-Live.com

シルバーストーン - 予選終了後のマシン重量(単位:kg)

1. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW31 - 652.5
2. キミ・ライコネン - フェラーリF60 - 654.0
2. フェルナンド・アロンソ - ルノーR29 - 654.0
4. ルーベンス・バリチェロ - ブラウンGPメルセデスBGP001 - 657.5
4. ジェンソン・バトン - ブラウンGPメルセデスBGP001 - 657.5
6. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタTF109 - 658.0
7. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB5 - 659.5
8. ティモ・グロック - トヨタTF109 - 660.0
9. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW31 - 661.5
10. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.09 - 665.5※
11. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-24 - 666.0※
12. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB5 - 666.5
13. ジャンカルロ・フィジケラ - フォース・インディア・メルセデスVJM02 - 668.0※
14. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR4 - 672.5※
15. フェリペ・マッサ - フェラーリF60 - 675.0※
16. ネルソン・ピケJr. - ルノーR29 - 682.5※
17. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR4 - 687.5※
18. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.09 - 689.5※
19. エイドリアン・スーティル - フォース・インディア・メルセデスVJM02 - 692.0※
20. ヘイキ・コバライネン - マクラーレン・メルセデスMP4-24 - 695.0※
※は、チームからの申告重量(予選トップ10以外のため)

にしても、ベッテル(レッドブル)は、666.5kgという12番手の重量ながらポールポジションを獲得していますから、何事も無ければ楽勝の横綱相撲で優勝っすね。d^^)

posted by F1GP at 07:49 | 第8戦イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。