2009年05月25日

ファイナルラップのミラボーでオーバーラン、へたれ中嶋だなぁ

2009F1第6戦モナコGPは、バトンがモナコ初勝利で今季5勝目の快挙。バリチェロが2位に続いてブラウンGPの今季3度目のワン・ツー・フィニッシュというつまんない結果でした。ひとつ光が見えたのは、3・4位にフェラーリの2台がはいったことで、キミ・ライコネンが精悍な顔つきになってたこと。次回のトルコが楽しみになってきました。

モナコGP決勝結果(5月24日)
PosDriverTeamTimeLap
1ジェンソン・バトンブラウンGP1:40:44.28278
2ルーベンス・バリチェロブラウンGP+7.66678
3キミ・ライコネンフェラーリ+13.44278
4フェリペ・マッサフェラーリ+15.11078
5マーク・ウェバーレッドブル+15.73078
6ニコ・ロズベルグウイリアムズ+33.58678
7フェルナンド・アロンソルノー+37.83978
8セバスチャン・ブルデトロロッソ+63.14278
9ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア+65.04078
10ティモ・グロックトヨタ+1Lap77
11ニック・ハイドフェルトBMWザウバー+1Lap77
12ルイス・ハミルトンマクラーレン+1Lap77
13ヤルノ・トゥルーリトヨタ+1Lap77
14エイドリアン・スーティルフォースインディア+1Lap77
15中嶋一貴ウイリアムズDNF76
Rヘイキ・コバライネンマクラーレンDNF51
Rロベルト・クビツァBMWザウバーDNF28
Rセバスチャン・フェッテルレッドブルDNF15
Rネルソン・ピケルノーDNF10
Rセバスチャン・ブエミトロロッソDNF10

新聞のテレビ欄の見出しに「初優勝なるか」とか書かれてたトヨタは、それどころじゃないし、中嶋一貴は初めてQ3に残ったまでは良いのだけれど、決勝ファイナルラップのミラボーでオーバーランして10位だったところをリタイア(結果は15位として残りますが)としてしまうという、へたれぶりを見せてくれて、実に残念な結果になりました。同僚のニコは6位入賞しているので、クルマは悪くないわけですから、これ以上こんな結果ばかり残していると、たとえシーズン途中であっても中嶋一貴のシートは無くなるかもしれませんね。

posted by F1GP at 22:05 | 第6戦モナコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。