2009年04月26日

バーレーンを制したのはバトン、トヨタに優勝の力なし

F1第4戦バーレーンGPは、車の良さとドライバーの技術、そしてジェシカの応援と、総合力全てで他を圧倒するバトンが4番グリッドからのスタートながら優勝しました。2位に、中国GP優勝のベッテル。

フロントロー独占のトヨタは、ヤルノが3位でグロックが7位という結果。フロントロー独占から、こんなしょぼい結果しか残せないようでは、チーム戦略や技術に基本的に足りない部分があるって証拠です。これでは、当分トヨタが優勝することはなさそうですね。

バーレーンGP決勝結果(4月26日)
PosDriverTeamTimeLap
1ジェンソン・バトンブラウンGP1:31:48.18257
2セバスチャン・フェッテルレッドブル+7.157
3ヤルノ・トゥルーリトヨタ+9.157
4ルイス・ハミルトンマクラーレン+22.057
5ルーベンス・バリチェロブラウンGP+37.757
6キミ・ライコネンフェラーリ+42.057
7ティモ・グロックトヨタ+42.857
8フェルナンド・アロンソルノー+52.757
9ニコ・ロズベルグウイリアムズ+58.157
10ネルソン・ピケルノー+65.157
11マーク・ウェバーレッドブル+67.657
12ヘイキ・コバライネンマクラーレン+77.857
13セバスチャン・ブルデトロロッソ+78.857
14フェリペ・マッサフェラーリ+1Lap56
15ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア+1Lap56
16エイドリアン・スーティルフォースインディア+1Lap56
17セバスチャン・ブエミトロロッソ+1Lap56
18ロベルト・クビツァBMWザウバー+1Lap56
19ニック・ハイドフェルトBMWザウバー+1Lap56
R中嶋一貴ウイリアムズDNF48
posted by F1GP at 23:12 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。