2009年04月26日

重量を軽くしてポールととる作戦だが果たして


トヨタの予選終了後の重量計測では、出走20台中もっとも軽い643.0kg(グロック)と648.5(ヤルノ)という結果が出ています。
グロックをなんとしてもヤルノの後ろにつけて後続をブロックしている間に、ヤルノが逃げるという作戦は、スタートをうまく決められるかどうかにかかっていますね。
3位以下に並んだつわもの揃いの連中は、そうやすやすと第1コーナーを取らせてくれはしないだろうと思います。ここは一発、最高の集中力でスタートダッシュを決めないと、せっかく軽くした意味がなくなっちゃいますから、頑張れ!トヨタ!
■サヒール - 予選終了後のマシン重量(単位:kg)
参照:F1 : バーレーンGP予選後のマシン重量 - SAKHIR - F1-Live.com
1. ティモ・グロック - トヨタTF109 - 643.0
2. ヤルノ・トゥルーリ - トヨタTF109 - 648.5
3. ルーベンス・バリチェロ - ブラウンGPメルセデスBGP001 - 649.0
4. フェルナンド・アロンソ - ルノーR29 - 650.5
5. ジャンカルロ・フィジケラ - フォース・インディア・メルセデスVJM02 - 652.0※
6. ジェンソン・バトン - ブラウンGPメルセデスBGP001 - 652.5
7. ルイス・ハミルトン - マクラーレン・メルセデスMP4-24 - 652.5▲
8. マーク・ウェバー - レッドブル・ルノーRB5 - 656.0※
9. セバスチャン・ベッテル - レッドブル・ルノーRB5 - 659.0
10. フェリペ・マッサ - フェラーリF60 - 664.5
11. セバスチャン・ボーデ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR4 - 667.5※
12. ニコ・ロズベルグ - ウィリアムズ・トヨタFW31 - 670.5
13. キミ・ライコネン - フェラーリF60 - 671.5
14. ネルソン・ピケJr. - ルノーR29 - 677.6※
15. セバスチャン・ブエミ - トロ・ロッソ・フェラーリSTR4 - 678.5※
16. ヘイキ・コバライネン - マクラーレン・メルセデスMP4-24 - 678.5※
17. エイドリアン・スーティル - フォース・インディア・メルセデスVJM02 - 679.0※
18. 中嶋一貴 - ウィリアムズ・トヨタFW31 - 680.9※
19. ニック・ハイドフェルド - BMWザウバーF1.09 - 696.3※
20. ロバート・クビサ - BMWザウバーF1.09 - 698.6※
※チームからの申告重量(予選トップ10以外のため)
▲F1Liveは、7位のハミルトンを間違ってハイドヘルドと記載していたので訂正しました。

BMWザウバーは最も重いにもかかわらず、予選13番手と14番手になっており、着実に入賞をねらっていく堅実な作戦をとっているのは「さすが」と思わせます。

バーレーンGP予選結果
posted by F1GP at 08:51 | 第4戦バーレーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。