2009年04月06日

道端に溢れる雨もジェシカの笑顔がバトン優勝を祝福

F1 (エフワン) 速報 2009年 4/23号 [雑誌]

F1マレーシアGP決勝は、中盤からの豪雨でサーキットは洪水状態となり、赤旗中断からレース中止が決定され、ペースカー導入時点(31周目)での並びで順位が決定されました。ブラウンGPのバトンは、開幕2連勝。
表彰式での最高の笑顔の先には、チームスタッフの真ん中には、ひときわ目立つ道端ジェシカさんが手を振る姿が。

雨のバトン、雨のバリチェロ。雨のスペシャリスト二人が同じチームにいて、バトンは優勝。バリチェロは、タイミングの不運で5位となったけれども、二人とも走りは安定していて、「車が良ければ好きなようにレースを組み立てられる」ってことを実感したグランプリでした。

情けないのはトヨタの2台のスタートで、シグナルがレッドからグリーンに変わった瞬間は、テレビで見ていて「まるで止まっている」かのように見えましたねぇ。せっかく2台そろって上位グリッドで、バトン包囲網を気づく予定を台無しにしてしまいました。結果的にグロックが3位表彰台を獲得しましたが、素直に喜べない(山科忠代表)のもわかりますね。^^;

マレーシアGP決勝結果(4月5日)
PosDriverTeamTimeLap
1ジェンソン・バトンブラウンGP55:30.62231
2ニック・ハイドフェルトBMWザウバー+22.72231
3ティモ・グロックトヨタ+23.51331
4ヤルノ・トゥルーリトヨタ+46.17331
5ルーベンス・バリチェロブラウンGP+47.36031
6マーク・ウェバーレッドブル+52.33331
7ルイス・ハミルトンマクラーレン+60.73331
8ニコ・ロズベルグウイリアムズ+71.57631
9フェリペ・マッサフェラーリ+76.93231
10セバスチャン・ブルデトロロッソ+102.16431
11フェルナンド・アロンソルノー+109.42231
12中嶋一貴ウイリアムズ+116.13031
13ネルソン・ピケルノー+116.71331
14キミ・ライコネンフェラーリ+142.84131
15セバスチャン・フェッテルレッドブルDNF30
16セバスチャン・ブエミトロロッソDNF30
17エイドリアン・スーティルフォースインディアDNF30
18ジャンカルロ・フィジケラフォースインディアDNF29
Rロベルト・クビツァBMWザウバーDNF1
Rヘイキ・コバライネンマクラーレンDNF0

最後に、何回も道端ジェシカを映しすぎの、フジテレビ地上波の中継スタッフさんに、ありがとうとお礼を言っておきましょう。(笑)

posted by F1GP at 20:07 | 第2戦マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。