2009年04月04日

余裕のバトンが2戦連続ポール獲得:2番3番グリッドにはトヨタ

オーストラリアで優勝しながら「まだまだ余裕がある」と語っていたブラウンGPのジェイソン・バトンが、その言葉どおりに第2戦のマレーシアでも予選トップでポールポジションを獲得。2番手、3番手にトヨタの2台がつけたのは、開幕戦での鬱憤を晴らそうとの気迫の表れか?

2009年F1世界選手権第2戦マレーシアGP公式予選は、4日(土)日本時間18時(現地時間17時)から、マレーシア・クアラルンプールのセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。

フリー走行でオイル漏れによりリアから白煙を吐いたブラウンGPでしたが、バトンはQ1とQ2を無難にクリアし、最後のQ3でドカンと一発タイムをたたきだすという余裕ぶり。ちょっと、小憎らしいですね。^^;

 マレーシアGP予選結果(4月4日)
PosDriverTeamTimeWeight
1ジェンソン・バトンブラウンGP1:35.181--
2ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:35.273--
3セバスチャン・フェッテルレッドブル1:35.518--
4ルーベンス・バリチェロブラウンGP1:35.651--
5ティモ・グロックトヨタ1:35.690--
6ニコ・ロズベルグウイリアムズ1:35.750--
7マーク・ウェバーレッドブル1:35.797--
8ロベルト・クビツァBMWザウバー1:36.106--
9キミ・ライコネンフェラーリ1:36.170--
10フェルナンド・アロンソルノー1:37.659--
11ニック・ハイドフェルトBMWザウバー1:34.769--
12中嶋一貴ウイリアムズ1:34.788--
13ルイス・ハミルトンマクラーレン1:34.905--
14ヘイキ・コバライネンマクラーレン1:34.924--
15セバスチャン・ブルデレッドブル1:35.431--
16フェリペ・マッサフェラーリ1:35.642--
17ネルソン・ピケルノー1:35.708--
18ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア1:35.908--
19エイドリアン・スーティルフォースインディア1:35.951--
20セバスチャン・ブエミ/td>トロロッソ1:36.107--

このうち3位のベッテルが10グリッド降格、4位のバリチェロが5グリッド降格ペナルティを受けることが決まっているため、実質5位のグロック(トヨタ)が3位に昇格することになり、トヨタは2番・3番グリッドからのスタート。

これは願ってもない大きなチャンスで、決勝レースでのスタートを成功させて2台のうちのどちらかがバトンの前に出ることが出来れば、表彰台の真ん中も見えてくるんじゃないでしょうか。スタートは、見ものです。

posted by F1GP at 21:34 | 第2戦マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。