2009年04月01日

【オーストラリアGP決勝結果】表彰台からスベリ落ちたトヨタ

F1 (エフワン) 速報 2009年 4/2号 [雑誌]

オーストラリアGPで3位表彰台をゲットしたトヨタのヤルノ・トゥルーリは、レース終了後の審議で25秒加算のペナルティをもらい、3位表彰台から滑り落ちるはめになってしまいました。この結果、トゥルーリは12位に。

レース終了間際のクラッシュで2位と3位が消滅し、もともと転がり込んできた3位表彰台でしたが、やはり初の表彰台は自力で獲得しなさい!っていう神様の指令なのかもしれません。

結果的に、2位から4位までのクルマがすべていなくなり、5位からいっきに3位表彰台をものにしたのはマクラーレンのルイス・ハミルトン。昨年のチャンピオンらしく、やはり運をもっている人なのでしょう。

トヨタにとっては、レース前からリア・ウィングの剛性不足でお叱りを受けることから始まった開幕戦オーストラリアGPですが、最後もやっぱり、お叱りを受けて終わったという、散々なグランプリでありましたね。

オーストラリアGP決勝結果(3月29日)
PosDriverTeamTimeLap
1ジェンソン・バトンブラウンGP1:34:15.78458
2ルーベンス・バリチェロブラウンGP+0.80758
3ルイス・ハミルトンマクラーレン+2.91458
4ティモ・グロックトヨタ+4.43558
5フェルナンド・アロンソルノー+4.87958
6ニコ・ロズベルグウイリアムズ+5.72258
7セバスチャン・ブエミトロロッソ+6.00458
8セバスチャン・ブルデトロロッソ+6.29858
9エイドリアン・スーティルフォースインディア+6.33558
10ニック・ハイドフェルトBMWザウバー+7.08558
11ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア+7.37458
12ヤルノ・トゥルーリトヨタ+26.60458
13マーク・ウェバーレッドブル+1Lap57
14セバスチャン・フェッテルレッドブルDNF56
15ロベルト・クビツァBMWザウバーDNF55
16キミ・ライコネンフェラーリDNF55
Rフェリペ・マッサフェラーリDNF45
Rネルソン・ピケルノーDNF24
R中嶋一貴ウイリアムズDNF17
20ヘイキ・コバライネンマクラーレンDNF0

【2009/04/03追記】
なんとも、わけがわかんないオーストラリアGPです。
トヨタのペナルティが取り消されて、そのかわりハミルトンが失格に。その結果、ヤルノは3位表彰台を取り返したのでした。^^;
オーストラリアGP、ハミルトンが失格

ハミルトンが虚偽の証言をしたことで、「チャンピオンの品格」が取りざたされていますね。まぁ、興味の無いことですけれど。(笑)

posted by F1GP at 09:48 | 第1戦オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。