2009年03月27日

なんと!金曜2回目フリー走行でもニコ1位:ディフューザー効果?

オーストラリアGPの金曜2回目フリー走行でも、ウィリアムズのニコがトップタイムを記録したことで、どうやらじわりと見え始めた予選への流れ。

オーストラリアGP金曜フリー走行2回目も、AT&Tウィリアムズのニコ・ロズベルグがトップタイムをマークした。ロズベルグはフリー走行1回目に続いてのタイムシート最上位。2番手にはバリチェロ、3番手にトゥルーリ、4番手にウェバー、5番手にバトン、6番手にグロック、7番手に中嶋となった。トヨタ、ウィリアムズ、ブラウンGPの6台がトップ7に収まっているのは興味深い結果となった。
F1 : 再びロズベルグが最速! バリチェロ、トゥルーリが続く - Melbourne - F1-Live.com

今週末はブラウンGP、トヨタ、ウィリアムズの3チームにリアディフューザーの違法性を問う声が上がっているが、現時点でトップ10にこの3チーム6台がすべて収まっているのは偶然ではないだろう。(F1 : ウィリアムズが1-2態勢でスタート! ブラウンGPも好調 - Melbourne - F1-Live.com)との見解は、合法であることが認められたとはいえ、見逃せないポイントになりそう。

オーストラリアGP金曜フリー走行2結果(3月27日)
PosDriverTeamTimeLaps
1ニコ・ロズベルグウイリアムズ1:26.05336
2ルーベンス・バリチェロブラウンGP1:26.15738
3ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:26.35042
4マーク・ウェバーレッドブル1:26.37030
5ジェンソン・バトンブラウンGP1:26.37438
6ティモ・グロックトヨタ1:26.44342
7中嶋一貴ウイリアムズ1:26.56033
8セバスチャン・フェッテルレッドブル1:26.74019
9エイドリアン・スーティルフォースインディア1:27.04029
10フェリペ・マッサフェラーリ1:27.06435
11キミ・ライコネンフェラーリ1:27.20432
12フェルナンド・アロンソルノー1:27.23228
13ジャンカルロ・フィジケラフォースインディア1:27.28222
14ニック・ハイドフェルトBMWザウバー1:27.31734
15ロベルト・クビツァBMWザウバー1:27.39836
16セバスチャン・ブルデトロロッソ1:27.47936
17ヘイキ・コバライネンマクラーレン1:27.80235
18ルイス・ハミルトンマクラーレン1:27.81331
19ネルソン・ピケルノー1:27.82821
20セバスチャン・ブエミトロロッソ1:28.07633
posted by F1GP at 18:13 | 第1戦オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。