2009年03月07日

【プレスリリース】Honda Racing F1 Teamの売却について

Hondaは、Honda Racing F1 Team(以下、HRF1)を、これまでHRF1のチームプリンシパルを務めていたロス・ブロウン氏に売却した。

 これまで英国においてHRF1の持ち株会社として、HondaのF1レース活動全ての業務を管理してきた、ホンダ・ジーピー・ホールディングス・リミテッド(Honda GP Holdings Ltd.)保有のHRF1の株式100%を、ブロウン氏に売却した。これによりチームの所有権はブロウン氏に移行し、今後はブロウン・ジーピー・フォーミュラ・ワン・チーム(Brawn GP Formula One Team)として、今シーズンのF1グランプリ開幕戦から参戦する計画である。
(Honda Racing F1 Teamの売却について)


■大島裕志 常務執行役員 広報・モータースポーツ担当の話
「昨年12月5日にF1レース活動からの撤退を発表して以降、新たなチームとして存続できるように、様々な検討・協議を重ねてきた。結果としてこれまで一緒に戦ってきたロス・ブロウン氏に売却することができて、非常に嬉しく思っているとともに、彼の英断に大変感謝している。今後はブロウン氏の率いる新チームの活躍を期待している」

■佐藤琢磨の復帰の可能性
旧ホンダチームの存続は02年からホンダ系のチームでF1に参戦してきた佐藤琢磨(32)にも朗報となる。現在は所属がなく、開幕からの参戦の道は閉ざされたが、「F1界では状況が急変する。F1復帰をあきらめない」との意思は明確にしている。5月に37歳になるバリケロは今季限りとの声もあり、将来的に琢磨と"ホンダ"の復縁の道は残された。(石原有記)(サンスポ)
posted by F1GP at 14:14 | プレシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。