2009年01月21日

BMWザウバーの新車「F1.09」は2008年の好調を引き継ぎたいという

BMWザウバーF1チームは20日(火)、スペイン・バレンシアのリカルド・トロモ・サーキットで 2009年の新車「F1.09」を発表。F1.09のコンセプトバージョンは2008年2月の時点で出来上がっていたといいます。発表会後は、さっそくクビサがテストドライブした模様。

新しいレギュレーションに対応しているにもかかわらず、ぱっと見、2008年モデルと大差ないように思えるのは、2008年の好調ぶりをそのまま継続したいというチームの期待の表れでしょうか。



2009年はBMWザウバーにとってF1参戦4年目のシーズンであり、ぼちぼちワールドチャンピオンシップ制覇をとの期待が大きいし、あんまりデザインの面では冒険したくないってことかもしれません。
2009年型マシンはF1.08と比べるとすべての部分でかなり異なっている。ノーズコーンはハイマウント化され、以前よりも幅が広くなった。大きなフロントウイングは3つの部分から構成され、幅はマシンの全幅まで広げられた。一方でリアウイングの幅は狭くなり、これまで以上に高い位置にセッティングされている。さらにエアディフレクターや冷却口などはほとんど設定することができなくなった。さらにサイドポンツーンも変更が加えられ、フロント部分よりも高くなっている。
F1 : BMWザウバーが新車を発表! - BMW - F1-Live.com

細かいことを言えば、他チーム同様、フロンとウィングとリアウィングなど変更はあるのですけどね。ただ、カラーリングのせいもあるのか、どうも変わった気がしないのは私だけかな?
タグ:新車発表 BMW
posted by F1GP at 11:36 | プレシーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。